歯科でしっかり治療|インプラントも矯正も歯科ならオールインワン

小さいうちに矯正

歯の治療

子供の歯並びについて

矯正歯科は小さいうちに済ませた方が費用の負担が少ないのはないかと思われる人もいるようですが、これは勘違いです。確かに、子供のうち、小さいうちのほうが骨格等がいまだ定まっていない部分もあるので矯正はしやすいでしょう。ただ、やはり、成長段階で多少の歪みが出てきてしまい、結果的に歯並びがまた崩れてしまうなんて事にもなりかねないのが現状です。しかも子供の歯がまだあるうち、永久歯が生えそろうまではいくら歯並びを治したところで何の効果も得られないケースもあります。 そのため、実際に矯正歯科でも永久歯がすべて生えそろってから、ある程度年齢を重ねてからの治療開始を進められることになります。もちろん、個人差はありますが年齢でいえば10代中ごろからが適齢だと言えるでしょう。

永久歯に生え変わったら

先にも述べたように永久歯にすべての歯が生え変わったタイミングが矯正歯科を利用するにはベストなタイミングです。比較的若い年代ということで矯正期間も短くて済みますし、何より体力がある分、治療もスムーズに進みやすいのです。 これから学生生活、社会生活へと進んでいくこの年代で、顔の印象を左右する歯並びは意外に大きな役割を果たします。歯並びがきたない人と綺麗な人では、周りに与える印象はかなり変わってくるものなのです。 ゆくゆくは歯並びを矯正したい、見た目の印象を変えたいという場合にはできるだけ早めに矯正歯科へ受診することをおすすめします。クリニックによっては年齢、性別等に合わせた個々の治療計画を作成してれるところもあるので、より明確に安心して矯正治療を行うことができますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加